KAGAE

LETTER

JUNE 2021
雨の季節もすっきり爽やか
胃腸の調子を整えて気分も晴れやかに

曇り空や雨天が多く、
心も身体もどんより重だるくなりがちな6月。

飲食物の消化吸収を担う五臓の「脾」は湿を嫌い、
じめじめした暑さで調子を崩すと
体内に余分な水分がたまってしまいます。

この時期に多い身体の重だるさや疲れ、
むくみ、めまいや吐き気などは水トラブルのサインです。

「少量をこまめに、なるべく温かく」を意識した水分の摂り方で、
余分な水をため込まないように注意しましょう。
爽やかに水が巡れば、身体は軽やかで気分も明るくなります。

二十四節気

太陰太陽暦で、季節を正しく
示すために用いたもの。
自然を感じ、季節に合わせた
ライフスタイルを送りましょう。

SUMMER
芒種・6/5

稲や麦など穂の出る穀物の種のこと。
農家では種をまく時期。

稲や麦など穂の出る穀物の種のこと。
農家では種をまく時期。

SUMMER
夏至・6/21

昼間の時間が一年で一番長い日。
陽が極まる日。

昼間の時間が一年で一番長い日。
陽が極まる日。

おすすめ
Atractylodes Rhizome
白朮

キク科オケラの根茎で、精油成分の独特な香りがある。脾の元気を養い、水を巡らせる働きがあるため、多くの胃腸向けの漢方薬に配合される。

KAMPO LIFE CARE

漢方ライフケア

6月は雨の多い気候と連動して、
体内の水がたまりやすい時期。
吐き気を伴う回転性のめまいや頭重、
リウマチなど関節痛の悪化が起こります。

薬日本堂各店舗では、
お客様のココロとカラダを
トータルに把握しながら、
その方にあった漢方薬を選び、
漢方ライフケアの提案もさせていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

PRODUCT

季節のおすすめ商品

2021.6